滋賀県甲賀市のオリジナル自然酵母パン ミッチのパン工房

滋賀県甲賀市のキャンプ場で独自の自然酵母を使用し、
輻射窯で焼いたパンの販売・パン教室をしています。

201906-4

ホーム ≫ 塩パン・フランスパン・折込み食パン ≫

2019年6月パン教室

6月のパン教室は
チャレンジクラスと基本クラスの
両方のクラスがありました

201906-10
基本クラスの今回のテーマは
塩パン作りです


最初から捏ねて頂きます。
生地は少し硬めです。
柔らかい生地いしてしまうと成型時に生地がダレ
焼き上がりは平ぺったいものになってしまいますので
少し手に力が要りますが頑張って捏ねましょう

今回も使う油脂は
JASオーガニック有機ヤシの実オイルです。
トランス脂肪酸が低く、体に優しいオイルですよ。
また匂いがないので食べやすいです。
このオイルを生地にい入れさらに捏ねると
伸びの良い生地になります。

逆三角形に伸ばしバターを少し入れて
クルクルと巻いて成型します

ホイロは少し短めに、醗酵機を使用しなくても
室温で十分ですよ。

焼成前に
生地に霧吹きで水をかけ
岩塩とローズマリーを付着させます

焼成は
窯入後に蒸気を入れ17分ほど焼きます
温度は210℃ほどです

チャレンジクラスのテーマは
フランス国のパン

201906-2
フランスのパンと言うとバゲットを想像する方が多いですが
それは大きな勘違いで
かつて昔、フランスではパン職人がいろいろな成型を施し
腕を競った名残もあり、フランス国のパンは
たくさんの成型があるんですよ(^m^)

今回は、「クーロンヌ・シニョン」とい成型
フランス女性の巻き髪をイメージして作られた
成型法です。

もう一つが
同じ生地で「チャバッタ」という成型をしました

6月のパン教室はチャレンジクラスと基本クラスの両方に
チョコレートの折込シマ食パンの実習もあります

201906-5
チョコレートクリームを折込んで作る
シマシマの食パンは
チャレンジクラスも基本クラスも
同じ課題のパンです。

チョコレートクリームは各自シートを作ってもらいます
18cmx18cmの正方形に伸ばしてから
生地に折込んでいきます

その後、数回折込んでいきますが
回数が多ければ多いほど層が増えますが
チョコレートの層は薄くなります

折込回数が少なければチョコレートの層は厚くなります

これは、好みのですので、何回折込むかの
決まりはありません(^。^)

シマ食パンの成型は多々ありまして
今回、チャレンジクラスは、3~4本編みのツオップ成型
基本クラスは、2本のツイスト編みの成型です

折込を綺麗に仕上げるイントは!
①チョコレートをシートにする際
凸凹にならないように、統一な平らにすること

②生地に折込む際、余白をとり過ぎないこと

③生地を折込んで伸ばす際は、これも凸凹にならないように
統一な平らに伸ばすこと

などなど、成型時の注意点は実習中に
詳しく説明しています。
思い出して、ご自宅でも是非トライしてみてください。
 

焼き上がりは
こんな感じになります

201906-3
チャレンジクラスの写真です

長くパン教室に通ってくださっている生徒さん方の
作品です。

皆さん整った成型で素敵ですね(^。^)

さぁ~ ランチタイムです!

201906-11
基本クラスの塩パンのランチ
201906-1
こちらはチャレンジクラスのランチです
 
ロゴ

ミッチのパン工房

〒520-3315 滋賀県甲賀市甲南町塩野坂ノ谷476-2

☎︎080-5291-9112

【営業日】土日のみ
【営業時間】11:00~日没まで

ミッチのパン工房豊田店

愛知県豊田市四郷町天道1-33
(古民家)
【営業日】毎月2回火曜日
【営業時間】14:00~18:30

モバイルサイト

ミッチのパン工房スマホサイトQRコード

ミッチのパン工房モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!